ホームセキュリティーを導入する際の注意点

警備員が常住している場所がどこか

常駐してある場所から家まで思ったよりも時間がかかってしまったなんて事もあります。 なるべく警備員が常住している場所から家まで何分かかるか確認しておきましょう。時間がかかるようであれば、もう一度検討し直してみてもいいかもしれません。

全ての会社が24時間体制という訳ではない

警備会社によって異なりますが、24時間体制で守ってくれる所を選びましょう。いざという時に警備員が出動されないのでは問題です。

マンションでのホームセキュリティー

購入されたマンションによってはシステムがどこまで導入できるか異なります。必ず事前に確認し、自分たちに必要なシステムを導入するようにしましょう。

賃貸でのホームセキュリティー

賃貸ですと、ホームセキュリティーを導入する為の工事を勝手にしてしまっては、後で大家さんや不動産管理会社とトラブルになるので、よく確認してからにしましょう。

警備員の出動料金など別途費用がかかる場合がある

初期費用の他に警備員の出動料金など色々かかる場合があります。

ある程度の範囲までしか対応できない

警備員は警察ではなく、あくまでも警備会社に雇われた社員ですので、警察のような行動は取れません。心得ておきましょう。

途中解約の保証金

プランをレンタル(機器)にした場合、途中で解約した場合、保証金は没収されてしまいますので、注意しましょう。

詳細や無料資料請求はこちらから

システムその1
システムその2