ホームセキュリティーのシステム その2

他にどんなシステムがあるのか?

侵入やガス漏れ・火災などの防犯以外にも、家にいる病気を患った方の病状が悪化した場合や、両親が共働きにより、家で子供を一人っきりにさせるのが心配という場合にも対応できるよう、いろんなシステムがあります。その内のいくつかはオプションでの提供となる場合もありますので、プラン内容をじっくり見てみましょう。

家にいる人が病気や怪我により緊急事態が起きた場合

取り付けられた専用の緊急ボタンを押せば、こちらも先ほどと同様に警備会社に情報が伝わり、対応してくれます。

子供が一人でお留守番

自宅に設置されたカメラによって、外出先からも、携帯電話やパソコンなどの通信機器を使い、いつでも自宅の様子を見ることができ、危機が起きてないか確認できます。 これならお子様が家で一人っきりでも安心できます。

電話線が切られてないか監視するための機能

何者かにより電話線が切られてしまっては異常事態を感知する機器があっても、警備会社へ情報が伝わらなくなってしまいます。それを防ぐために、警備会社へ異常信号を送るための電話回線が切られてないか、常に24時間、監視するための機能です。

詳細や無料資料請求はこちらから

システムその1
システムその2